國安 勝司

岡山県リハビリテーション専門職団体連絡会
会長
(一般社団法人 岡山県理学療法士会)

國安 勝司

ご挨拶

後期高齢者の増加が見込まれることに伴い、高齢者が要支援・要介護となることの予防や、要支援・要介護状態の軽減、若しくは悪化の防止が益々重要とな ることから、市町村において介護予防や多職種協働による地域ケア会議の取組みが進められるとともにリハビリテーション専門職の関わりが求められるようになりました。

こうした社会情勢の変化に対応すべく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、それぞれの専門性を活かし、連携して高齢者の心身機能の改善と環境調整、意欲へのはたらきかけをバランスよく行うことが大切です。

市町村で実施される事業を軸に地域社会に貢献するために合同組織を設立いたしました。

リハビリテーション専門職とは

国家資格である「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」の総称です。

これらの資格者は、身体および精神に障害のある方、またはその恐れのある方に対して、すみやかに社会生活に復帰できること、住み慣れた地域で最後まで自分らしく暮らしていくための支援を行っております。

医療職として「医学的リハビリテーション」の認識が強い職種ですが、それに留まらずリハビリテーションに必要な「医学的」「教育的」「職業的」「社会的」な側面に対して、それぞれの職種の専門性を活かして複合的・包括的な関わりを行っており、活動の場も医療機関に限らず教育現場、行政機関、地域・在宅、医療機器メーカーなど一般企業まで様々な場面で活動しております。

これからの時代、病気や怪我を早く治して社会に復帰することもさることながら、病気や怪我をしないように予防に取り組むこと、年齢を重ねても自分のことを自分でできることが重要です。

「住み慣れた地域で最後まで暮らしていく」ための健康づくり、生活づくり、介護相談をはじめ、市町村が取り組む介護予防総合事業においてリハビリテーション専門職をぜひお役立て下さい。

リハビリテーション専門職団体連絡会の役割

岡山県および市町村と連携し、各市町村における介護予防総合事業等の活動におけるリハビリテーション専門職の参加・活用を促進する取り組みを行う、リハビリテーション専門職各職能団体の運営する合同団体です。

地域包括ケアシステムの実現に向けて行政、地域において様々な取り組みがなされています。
これらの中でリハビリテーション専門職の知識・技術・知恵を活かしてより良い取り組みができることに寄与する活動を行っております。

介護予防事業、地域ケア会議への参加をはじめとして理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門性を活かした活動を通じて他職種との連携をもって社会に貢献していきたいと考えております。

体制図

岡山県リハビリテーション専門職による市町村支援事業

介護予防事業への参加